HOME > 病名検索 > 逆流性食道炎
逆流性食道炎
逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、胃から分泌される胃酸が、食道に逆流することで、食道の粘膜を刺激し傷つけることで起こる炎症のことです。逆流性食道炎症状はあっても炎症の所見が見られないことがあることから、近年では胃食道逆流症という概念で捉えられることが多いです。

逆流性食道炎は、元来欧米に多い症例でしたが、近年日本でも増加傾向が見られます。ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)菌の除去施術後、一時的に逆流性食道炎が見られる場合がありますが、肥満者や妊娠により逆流性食道炎の発症する場合もあります。逆流性食道炎は腹圧を高める、若しくは腹筋を使うトレーニング等を積んでいる人も発症しやすいです。

このため腹式呼吸を多用する歌手等に多く見られ、歌手病などと俗称される場合もあります。逆流性食道炎はアジアよりも欧米で罹患率が高いという特徴があります。また、地域差よりもむしろ人種差が大きく、欧米に住むアジア系民族は欧米系民族と比較して逆流性食道炎罹患率が低いことから、遺伝的な要因が大きいです。

逆流性食道炎罹患率に差が出る原因として、欧米系民族では下部括約筋の圧力(LES圧)がアジア系民族と比較して低いなどが考えられています。

当院の取り組み

当鍼灸院の逆流性食道炎の治療目的は、回復程度を高めることと完治するまでの時間の短縮することです。多くの西洋医学治療で回復できない逆流性食道炎患者さんの期待に応えるため、当院長が25年間、逆流性食道炎治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリを考案いたしました。

そして良い成果を上げています。鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。多くは5-7回針灸治療でかなり症状が軽減されます。
当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特殊な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。回復は患者さんの生活の質を向上させるのに役に立っています。もう一つ注目すべきところは、完治した180名患者の多くは数年経っても、再発しませんでした。針灸は逆流性食道炎の再発の予防にも効果があることが分かりました。

治療実績

鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると患者の85%を占めます。多くは5-7回針灸治療でかなり症状が軽減されます。

鍼灸治療を受けた後、完治した方の多くは、再発もありませんでした。
当院の鍼灸治療では、薬の治療と違って、再発の予防にも効果があるのは分かりました。